シネマのまちのつくり方~なら国際映画祭

⑨映画文化にかける父娘の思い

ホテル尾花の前に立つ中野重宏さんと長女の聖子さん=奈良市 (撮影松本茂章撮影氏)
ホテル尾花の前に立つ中野重宏さんと長女の聖子さん=奈良市 (撮影松本茂章撮影氏)

なら国際映画祭の一環として7月22~24日、尾花座復活上映会が奈良市のホテル尾花「桜の間」で開かれた。奈良出身の尾野真千子が主演した『茜色に焼かれる』(石井裕也監督、2021年)は24日夜の最終上映だった。終了後、尾野がオンラインで登場すると満席の観客40人は拍手で迎え、尾野に「あの場面でムカつきました」などの感想や質問を浴びせた。

同ホテル社長の中野聖子(さとこ)(1968年生まれ)は「映画を見た直後だったので現実と虚構の区別のない質問が出て面白かった」と表情を崩し、尾野の参加は「映画祭スタッフが熱烈な手紙を書いてお願いし、前日に決まった」と打ち明けた。同ホテル会長で父の重宏(1928年生まれ)も客席で映画を楽しんだ。期間中、延べ252人が参加した。

映画のモデル

同ホテルの前身は映画館、尾花劇場である。映画産業が斜陽になり1979年に廃業。社長だった重宏は同一敷地にホテルサンルート奈良を建てた。家業を継いだ長女、聖子は2020年6月、ホテル尾花に改名した。中野家が1920(大正9)年に芝居小屋の尾花座を買い取ってから100年の節目だった。

上映会は2012年に開始。映画祭に合わせた隔年開催から毎年に切り替えた20年は、成田凌が活動弁士を演じた『カツベン!』(周防正行監督、19年)を上映した。尾花劇場がモデルになったからだ。幼少時に無声映画を見た重宏は「弁士がスクリーン横に立って熱弁を振るう姿をよく覚えている」と懐かしんだ。

16年に発行された重宏の半生記が、同作品と尾花劇場の縁を紡いだ。18年春、男性が同書を買いにホテルを訪れた。聖子が応対すると映画会社、アルタミラピクチャーズのプロデューサーと名乗り、「活動弁士の映画を製作したい」と述べたので、芝居小屋時代の内観写真を提供した。

完成後、親子で試写会に出向くと、エンドロールに協力者として重宏と聖子の名が示された。「うちの内観写真と映画のセットはとても似ていた。参考にしていただいたと分かった瞬間、本当に感激した」と聖子は回想した。

会員限定記事会員サービス詳細