シネマのまちのつくり方~なら国際映画祭

①若手監督を発掘、メジャーデビューへの道

新作撮影に向け、出演者のオーディションや脚本の練り直しに取り組んでいる村瀬大智監督
新作撮影に向け、出演者のオーディションや脚本の練り直しに取り組んでいる村瀬大智監督

映画祭には、どんな人たちが関わり、どのように進められていくのだろうか-。文化政策研究者の筆者は以前から疑問を抱き、NPO法人「なら国際映画祭」に注目してきた。奈良市は全国の県庁所在地で唯一「映画館のない都市」とされる。そこで開催される映画祭を紐帯(ちゅうたい)としてつながる人々の人生模様を描き、文化を生かした地域振興のありようを見つめたい。

◆オーディション会場で

「こちらの壁から向こうの壁まで歩いて往復してください。歩く姿を撮影します」。2021年10月、奈良市・猿沢池そばのホテル尾花。なら国際映画祭が制作する新作『霧の淵』(仮題)の出演者を選ぶ1次オーディションが行われ、歩く姿を前から後ろから撮影した。30、31日の2日間で女子17人、男子13人が参加した。

審査員は監督の村瀬大智ら。主人公は山里の古い旅館に暮らす12歳の少女という。初めて映画のオーディションに立ち会った筆者は興味津々で見守った。

奈良県出身の女優といえば尾野真千子を思い出す。河瀨直美(東京五輪公式映画監督)がカンヌ国際映画祭で新人賞を受賞した『萌の朱雀』(1997年)を西吉野村で撮影した際に見いだされた。

村瀬作品から将来のスターが生まれるかもしれないと思うと胸が躍った。

◆24歳のメジャーデビュー

村瀬は97年生まれ、滋賀県甲賀市信楽町の出身だ。陶器のまちの実家はかつて弁当のお茶容器を製造する土瓶工場を経営していた。京都造形芸術大(現・京都芸術大)映画学科に学び、『忘れてくけど』『彷徨(さまよ)う煙のように』『赤い惑星(ほし)』を制作。短編の『忘れてくけど』はカンヌ国際映画祭のショートフィルムコーナーに出品されて注目された。4作目として卒業作品『ROLL』を完成。2020年のなら国際映画祭で観客賞を受賞した。

会員限定記事会員サービス詳細