群馬県当初予算案で知事査定開始 山本知事「予算規模大きくなる」

新型コロナ対策の予算案について説明を受ける山本一太知事(右端)=6日、群馬県庁(柳原一哉撮影)
新型コロナ対策の予算案について説明を受ける山本一太知事(右端)=6日、群馬県庁(柳原一哉撮影)

群馬県の令和4年度当初予算案に対する山本一太知事による査定が6日、始まった。各部局に対し事業内容をヒアリングし、精査したうえで2月ごろをめどに予算案を取りまとめる。

県はこの日、査定の模様を報道陣に公開。健康福祉部の武藤幸夫部長が大型モニターに資料を映し出し、新型コロナウイルス対策について①ワクチン接種の促進②相談・検査体制の確保③医療提供体制などの確保-が3本柱になると説明した。

山本知事は新たな変異株「オミクロン株」の全国的な急拡大などを踏まえ、コロナ対策に重点的な予算配分を行う考えを示した。

一方、「守りだけではなく攻めに転じる」と重ねて強調し、「新・総合計画」に掲げたデジタル化推進などを実行に移す考えを表明。さらに大規模災害に備えて貯金に相当する「財政調整基金」の確保も進めるとした。

山本知事は記者団の取材に「予算規模はかなり大きくなる感触だ」との見通しを明らかにした。平成20年度以降で最大となった令和3年度当初予算案に匹敵する規模になる可能性もある。