菅首相記者会見詳報

(2)「不満は当然のこと」

発令中の緊急事態宣言等の期間延長と地域拡大が決定し国民にさらなる協力を求める菅義偉首相=17日午後、首相官邸(春名中撮影)
発令中の緊急事態宣言等の期間延長と地域拡大が決定し国民にさらなる協力を求める菅義偉首相=17日午後、首相官邸(春名中撮影)

=(1)から続く

「第2の柱は感染防止対策です。先日、コロナ分科会より緊急事態宣言の区域における人流の5割削減に向けた提言がなされました。政府としても宣言の地域などにおいて、デパートやショッピングモールなどの混雑する場所について自治体と連携して人数制限を呼びかけてまいります。皆さまにおかれては旅行や帰省は控えていただいた上で、日々の買い物といった混雑した場所への外出を半分減らしていただくなど人流の抑制へのご協力をお願いをいたします」

「また、職場や学校におけるクラスター(感染者集団)を防ぐために抗原検査キットを広く配布してまいります。それぞれの職場においては、談話室などの共有部分での対策を徹底をしていただくとともに、テレワークの推進を改めて行い、昨年春に多くの企業が達成した出勤者7割減をお盆休み明けにもう一度目指していただくようお願いをいたします」

「時間短縮、酒類提供の停止を続けていただく事業者の方々には協力金を早期に給付してまいります。また雇用調整助成金や緊急小口資金などの特例も、期限を延長し、事業と暮らしを守っていきます。こうした中で、全国の都道府県と市町村がきめ細かく事業者の支援を実施できるよう、3000億円の交付金を新たに配分をいたします」

「東京では連日、20代の新規感染者が1000人を超え、20代から50代の感染が全体の8割近くを占めております。感染は、家庭、飲食の場で広がり、職場でのクラスターも急増しています。若い方であっても重症化する場合や、深刻な後遺症が続くケースも報告されており、また夜間滞留人口に占める40代、50代の割合も増加をし、その世代の重症者の増加は、今回の感染拡大の特徴の一つとなっております」

「医療機関への負荷を減らすため、また皆さま自身の命と健康を守るためにも、今一度、お一人お一人が意識を持って、リスクの高い行動を避けていただきますようにお願いを致します。マスク、手洗い、3密の回避という基本的な予防策を徹底をし、特に会話をするときのマスク着用を改めてお願いをいたします」

「第3の柱は、ワクチン接種であり、ワクチンはデルタ株に対しても高い効果を示しております。既に85%が2回の接種を終えた65歳以上の高齢者の多くが、今回の感染の急拡大の中にあっても、発症、重症化を防ぐことができています。その結果、陽性者に占める割合、かつての20%台から、足元では3%程度に低下をし、死亡者の数も大幅に低い水準に抑えられております」

会員限定記事会員サービス詳細