菅首相記者会見詳報

(1)「デルタ株、全く異なる予想」

発令中の緊急事態宣言等の期間延長と地域拡大が決定し国民にさらなる協力を求める菅義偉首相=17日午後、首相官邸(春名中撮影)
発令中の緊急事態宣言等の期間延長と地域拡大が決定し国民にさらなる協力を求める菅義偉首相=17日午後、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は17日の記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を13都府県に拡大、蔓延(まんえん)防止等重点措置を16道県に適用し、ともに来月12日まで延長することを明らかにした。会見の詳報は以下の通り。

「まず会見に先立ちまして、今回の大雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈りを申し上げますとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。政府としては被災者の救命救助、復旧支援に全力を挙げてまいります。国民の皆さんには警戒感を緩めず、初めに命を守る行動を、早めに命を守る行動をしっかりとっていただきますようにお願いを致します」

「先ほど、新型コロナ対策本部を開催をし、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、京都府、兵庫県、福岡県に緊急事態宣言を発出するとともに、宮城県、富山県、山梨県、岐阜県、三重県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、鹿児島県に蔓延防止等重点措置を適用し、期間はそれぞれ8月20日から9月12日までとすることを決定をいたしました」

「併せて緊急事態宣言の対象となっている6つの都府県について、また蔓延防止等重点措置の対象となっている6つの道府県について、期間をそれぞれ9月12日まで延長することを決定をいたしました。全国の各地で、新規感染者の数が急増し、これまでに経験のない感染拡大が続いております。全国の新規感染者数が先週末には2万人を超え、まさに危機的な状況にあります。これまで低く抑えられてきた重症者の数も増加し、入院者の方や自宅、ホテルで療養する方も急速に増加をいたしております。これに伴い、保健所の体制や、医療提供体制が逼迫(ひっぱく)し、首都圏を中心に非常に厳しい状況となっています」

「要因は感染力が極めて強いとされるデルタ株です。デルタ株は世界的にも予期せぬ感染拡大をもたらしており、わが国においても急速な置き換わりが進み、残念ながら全く異なる予想をもたらしています。こうした中で、政府の使命は、国民の命を守ることであり、急激な感染拡大の中にあっても、必要な方が、必要な医療を受けられる医療体制を構築をすることです」

会員限定記事会員サービス詳細