PR

ニュース 政治

【石破氏出馬会見】(4)拉致問題解決へ「平壌で連絡事務所を開設」

会見で自民党総裁選出馬を表明する石破茂元幹事長=1日午後、国会内(春名中撮影)
会見で自民党総裁選出馬を表明する石破茂元幹事長=1日午後、国会内(春名中撮影)

  最後に外交・安全保障について一言申し上げておく。日米関係はわが国の基軸だ。価値観を共有する合衆国との信頼関係、それは安倍政権のもとで、平和安全法制の実現など成果を得てきた。

 在日米軍がどのようなものであるか。なぜ三沢にF16戦闘機がいるのか。なぜ横須賀に原子力空母がいるのか。なぜ嘉手納にF22戦闘機が飛来するのか。なぜ佐世保に強襲揚陸艦がいるのか。そのことをきちんと認識をしなければならない。

 そして、自衛隊と米軍の在り方、役割分担。米軍が何をやっているのかを認識しなければ、経済的な負担の分担の議論にはならない。そして、わが国でできる、自衛隊でできる(任務)、それを米軍に依拠していないかということだ。

 そして法律、装備、これは十分であるか。イージス・アショアもそうだ。イージス・アショア的な機能は必要だ。そして相手国の領域に、仮に自衛権の行使として武力を用いるとするならば、どのような手段によるべきか。そのときに日米同盟はどう機能するのかをきちんと検証していかなければ、論理の飛躍になりかねない。そういうことをきちんと見直していく。

 中国は香港に対してあのような対応をした。深刻に認識していかなければならない。一国二制度の否定だ。現状の変革を力で、ということには断固たる意志を表明していかなければならない。

 しかし同時に、中国がそのような現状の変更を力で行うことなく、安定的に成長していくためには何ができるか。中国に間違った考えを与えないために、安全保障体制はきちんと見直すということだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ