PR

ニュース 政治

鳩山元首相「共和党」結成に向けた講演の要旨

「第1回共和党結党準備会」で、スピーチする鳩山由紀夫元首相=25日午後、東京都内
「第1回共和党結党準備会」で、スピーチする鳩山由紀夫元首相=25日午後、東京都内
その他の写真を見る(1/2枚)

 旧民主党を率いた鳩山由紀夫元首相は25日、新たな政治団体「共和党」の結成に向けた初の準備会を東京都内で開き、「日本の政治に一言、二言、申さなければならない。次の日本の姿を皆と一緒に考えていく」と意気込みを語った。

 同党では鳩山氏が代表を意味する「棟梁(とうりょう)」に、首藤信彦元衆院議員が党首を指すという「物差(ものさし)」に就く見込み。

 党への参加については、「共和党理念および日本の幸福への同意」30点▽「日本の独自外交戦略およびアジア重視外交姿勢」20点▽「死刑廃止」5点-など、加点方式の項目を掲げ、党員は計60点以上、候補者は計80点以上が必要とした。

 講演の要旨は以下の通り。

 「鳩山由紀夫と申します。今日は天皇陛下が即位の礼を終えられて、饗宴(きょうえん)の儀があって、私もそこに参加してきた。このようなときに、いや、新しい政治勢力を結党するのかと判断した方もいるかもしれない。これは山を登り詰めて『こういう方向で行こう』と多くの皆さん方の声が結集されたときに、その活動が本格的になり得るということだ。今日は基本的には『共和主義』という考え方を皆さん方に披露させてもらう」

 「『鳩山、お前が今の政治に対して責任があるんじゃないか。そんな人間がまた新たな政治勢力を作ろうというのはけしからん』と思う人もいるかもしれない。ある意味でその通りだ。私は7年前に政治家を辞めた人間だ。首相を経験させていただいた。本来ならば政官業の癒着に染まった日本の政治、行政を根本的に変えていきたい。そのためには皆さん方が中心となる、国民が主権となる本来の意味での政治を取り戻そうということで、政治主導という話も申し上げた。『官から民へ』ということも申し上げてきた。その結果、官から、大変な、ある意味で表、裏で、さまざまなことがあり、私自身もやりたかった、いわゆる米国に依存しすぎている、この国を、より本当の意味で独立国に変えるための努力をしたつもりだが、その嚆矢(こうし)となる米軍普天間基地移設問題、これを『最低でも県外』『できれば国外に移設しよう』という思いで努力したが、残念ながら思いは届かず、みなさま方に大変な迷惑をおかけして、結果として名護市辺野古に戻るということになり、その責任をとって首相をやめた人間だ」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ