中国が五輪控え収拾図る 彭帥さんとIOC会長の電話で

中国国営メディア関係者がツイッターに載せた、彭帥さんが通信アプリに投稿したとされる写真。投稿の真偽ははっきりしない(同関係者ツイッターから、共同)
中国国営メディア関係者がツイッターに載せた、彭帥さんが通信アプリに投稿したとされる写真。投稿の真偽ははっきりしない(同関係者ツイッターから、共同)

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と安否が懸念される中国の女子テニス選手、彭帥さんとの通話には、李玲蔚IOC委員(中国)とエマ・テルホ選手委員長(フィンランド)も参加。テルホ委員長は「元気にしているのを見て安心した。リラックスしているように見えた。支援や、彼女の都合が良い時に、いつでも連絡を取り合うことを申し出た。彼女は明らかに歓迎していた」とコメントした。

彭さんは不倫関係にあった張高麗元副首相から性的関係を迫られたとする文章を2日に短文投稿サイトに投稿し、動静が分からなくなった。21日になり、北京で開かれたイベントに姿を見せた。当局が監視している可能性が高い。

張高麗・前中国副首相(中国通信=共同)
張高麗・前中国副首相(中国通信=共同)

サキ米大統領報道官や国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)報道官は、身の安全の証明を中国側に求めていた。(共同)

▶懸念の中国テニス選手は無事で「安全」 バッハIOC会長がビデオ通話