コースター「高飛車」 ポニーテールはお断り 安全姿勢確保を徹底

「高飛車」乗車前にポニーテールを下の方で結びなおす乗客役(右)=山梨県富士吉田市(平尾孝撮影)
「高飛車」乗車前にポニーテールを下の方で結びなおす乗客役(右)=山梨県富士吉田市(平尾孝撮影)

絶叫マシンで知られるテーマパーク、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)は、人気のコースター「高飛車」での「ポニーテールお断り」を導入した。ジェットコースター「ド・ドドンパ」で、昨年12月から骨折などの人身事故が相次いだことから、有識者による第三者委員会の指導をもとに施設の安全面を見直し、他のコースターなどで前倒しで取り入れた。その狙いはどこにあるのか。

乗車時姿勢

「髪を結んでいる位置が高いので、ほどくか、下の方で結び直してください」

11月4日、ハイランドの休園日に報道陣向けに公開された高飛車の乗車前のチェックのデモストレーション。運営オペレーターが、ポニーテールの乗客役の女性スタッフに声をかける。乗客役は首の後ろで髪の毛を束ね直し、最終ゲートを通って乗車口に進んだ。また、別の乗客役は束ねていたポニーテールをほどいて乗車口に向かった。

昨年12月から今年8月まで、ド・ドドンパの乗客で頚椎圧迫骨折や胸部骨折などの負傷が相次いだ。しかし、ハイランドでは、稼働以前の外部有識者による施設確認を安全性確保の根拠としており、「事故とド・ドドンパとの因果関係は不明」という立場だ。

一方で、外部の意見を取り入れるため、大学教授や交通関係の有識者らによる第三者委員会を発足し、ハイランド全体の安全体制などの点検作業を始めている。その中で事故の原因の1つと想定されたのが、乗車時姿勢だった。