露国防省「初の合同パトロール」と発表

並んで航行する中国(右側)とロシアの海軍艦艇=23日午前、長崎県男女群島の南南東海域(防衛省提供)
並んで航行する中国(右側)とロシアの海軍艦艇=23日午前、長崎県男女群島の南南東海域(防衛省提供)

【モスクワ=小野田雄一】ロシア国防省は23日、西太平洋で17日から23日にかけて中国海軍との初の「合同パトロール」を実施したと発表した。18日に行われた中露艦隊による津軽海峡の合同通過もこのパトロールの一環だとした。

発表によると、合同パトロールには、露太平洋艦隊から大型対潜艦「アドミラル・トリブツ」や海防艦「グロムキ」など5隻、中国海軍から駆逐艦「南昌」など5隻の計10隻が参加。1700カイリ(約3150キロ)以上を航行した。

露国防省は「合同パトロールの目的は、アジア太平洋地域の平和と安定の維持だ」としている。

中露10隻、大隅海峡も通過 日本列島を一周