インタビュー

ニュースを読む奥深さ、一朝一夕にはできない フジテレビアナウンサー・境鶴丸さん(上)

【インタビュー】ニュースを読む奥深さ、一朝一夕にはできない フジテレビアナウンサー・境鶴丸さん(上)
【インタビュー】ニュースを読む奥深さ、一朝一夕にはできない フジテレビアナウンサー・境鶴丸さん(上)
その他の写真を見る (1/2枚)

 土日夜のフジテレビ「FNNニュース」で、週末のできごとを伝えているアナウンサー、境鶴丸さん(51)。入社以来、主に情報番組で活躍し、報道に移って15年。ニュースキャスターとして、数々の事件・事故、災害を伝えてきた。

 最初の報道番組は夕方に放送されていた「スーパーニュース」。平成12年、安藤優子さんの登板と同時に新設された「文化芸能部」を担当した。「報道といっても、それまでやっていた情報番組でも伝えていた芸能分野だったので、すんなり移れました」。報道番組にワイドショーの要素を取り込んだ先駆的な試みで、人気を博した。

 14年に「スーパーニュースWEEKEND」のキャスターとして番組を背負い、本格的に報道デビューを果たした。違いを体感したという。「情報番組はアナウンサーに任せる部分があった一方、報道番組は話すことに制約が多く、時間も短い。最初は窮屈に感じましたが、全く新しい環境で新鮮でした」

 情報番組で長年経験を積んだとはいえ、報道では新人。ゼロから始めるつもりで取り組んだ。30分間のニュース番組を務め始めて、改めて「ニュースを読む」ことの奥深さを知った。

 「中身を理解していないと、どんなに滑舌が良くても『原稿を読まされている』ように聞こえてしまいます。同じ原稿を読んでもベテランとは違う。原稿を読むことは一朝一夕にはできないと痛感しました」

会員限定記事会員サービス詳細