PR

ニュース 社会

双子の乳児暴行 父親に懲役6年求刑 千葉地裁

 生後間もない双子の兄弟に暴行して重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた父親で茨城県神栖市の無職、石川聡史被告(30)の論告求刑公判が16日、千葉地裁(中村海山裁判官)で開かれ、検察側は懲役6年を求刑した。弁護側は「犯人性の立証が不十分」などとして無罪を主張した。

 検察側は論告で「傷害の程度から、外部から相当強度の力が加えられたことは明らかであり、事件当時の状況や、事件後の被告人の行動などから、被告人以外の犯行であることは考えにくい」と主張。その上で「痛みを訴えることのできない乳児に対する犯行で、育児が思い通りにならないという動機に酌量の余地はなく、強い非難に値する」と指摘した。

 一方弁護側は「被告人は育児にストレスを感じておらず動機がない。被告人は被害者たちと離れる機会もあり、被告人以外による犯行の可能性が否定できない」として無罪を主張した。裁判は結審し、判決は12月25日に言い渡される。

 起訴状などによると、昨年9~10月ごろ、千葉県銚子市内の妻の実家で、双子の男児それぞれの頭や胸などに暴行を加え、後遺症の残る可能性がある硬膜下血腫や肋骨(ろっこつ)骨折などの重傷を負わせたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ