PR

産経WEST 産経WEST

ツイッターで松井大阪市長を名誉毀損 発信者情報開示認める 大阪地裁

大阪地方裁判所
大阪地方裁判所

 事実無根のツイッターの投稿で名誉を傷つけられたとして、大阪市の松井一郎市長がインターネット接続業者(プロバイダー)のKDDIに発信者情報の開示を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であり、池上尚子裁判官は匿名の投稿者の氏名と住所、メールアドレスの開示を命じた。

 匿名の投稿者は昨年3月上旬、ツイッターでネット上の記事を引用し、「(松井氏が過去に)女子中学生を暴行し自殺に追いやった」などと2度にわたり投稿した。判決理由で池上裁判官は「そうした事実がないことは証拠上明らかで、ネット上の記事にも客観的裏付けはない」と認定。政治家への評価という公共性や公益目的があるとしても「投稿は松井氏の社会的評価を低下させた」とした。

 その上で、松井氏による発信者情報の開示請求には正当な理由があるとし、KDDIに開示を命じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ