PR

産経WEST 産経WEST

ひらパーで着ぐるみのアルバイト男性死亡 熱中症か 大阪・枚方

大阪府枚方市のひらかたパーク
大阪府枚方市のひらかたパーク
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で28日夜、着ぐるみを着てショーの練習をしていたアルバイトの男性(28)=同市在住=が意識を失い、搬送先の病院で死亡したことが29日、分かった。大阪府警枚方署によると、死因は熱中症だった。

 ひらかたパークや同署によると、男性は28日の閉園後の午後7時半ごろから約20分間、着ぐるみを着用して同僚とともに屋外でショーに向けたダンスや劇の練習を実施。その後、控室に戻る途中で意識を失って呼びかけに応じなくなり、病院に救急搬送されたが死亡した。

 男性は正午ごろに出勤し、屋外で着ぐるみを着て来場者とふれ合ったり、ショーの準備作業をしていたりしたという。大阪管区気象台によると、28日の同市の最高気温は32・8度。日が暮れても蒸し暑さが残り、午後8時時点でも28・7度だった。

 ひらかたパークは事故を受けて、着ぐるみが登場する今夏のイベント開催の見合わせを決めた。担当者は「原因を究明し、再発防止に取り組む」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ