PR

ニュース プレミアム

大阪・富田林署脱走、謎の「ヨダソウマ」関与主張も逆から読むと…

 平成30年夏、大阪府警富田林署から脱走し、49日間の逃走生活を続けた樋田(ひだ)淳也被告(32)が、大阪地裁堺支部での公判で、事件の大半に第三者が関与したとする主張を展開している。面会室の仕切り板を壊したのは「知らない人」、逃走前のわいせつ・窃盗事件は「ヨダソウマがやった」-。これに対し、検察側は逃走の計画性を示す証拠などを突きつけ反論。練られた逃走計画だったのか、謎の人物の関与があったのか。法廷での攻防をまとめた。

大胆な逃走生活

 30年8月12日夜、富田林署。強制性交未遂などの容疑で逮捕・勾留中だった被告は、弁護士との接見のため面会室に入っていた。

 すでに約2時間が経過。「さすがに長いな」。署員が室内の様子をうかがうと、面会室の仕切り板がこじ開けられ、中はもぬけの殻となっていた。「逃げられた!」。署員の叫び声と非常ベルの音が、署内に響いたという。

 前代未聞の逃走を許した大阪府警。全国に指名手配して行方を追ったが、なかなか足取りをつかめない。

 それもそのはず。被告は逃走後、盗んだ自転車で日本一周旅行者を装い、関西から中四国地方へ移動していた。「桜井潤弥」という偽名を使い、写真撮影に応じる大胆さも見せていた。

 山口県内の道の駅で発覚した万引をきっかけに、49日目で幕を閉じた逃走生活。風貌は丸刈りで真っ黒に日焼けし、手配写真とは別人のようだった。その後の取り調べでは黙秘を貫いたとされる。

「自分じゃない」「荒唐無稽」

 今年2月の初公判。通常は2人の刑務官が8人に増員されるなど厳戒態勢となった法廷で、被告はようやく口を開いた。

 「逃走は認めるが、仕切り板を壊したのは自分ではない」。施設や器具を壊して逃げることで成立する加重逃走罪(懲役5年以下)ではなく、犯行は単純逃走罪(同1年以下)にとどまる、と主張した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ