PR

エンタメ エンタメ

稲垣吾郎で今年も“ほん怖”放送決定 神木隆之介が14年ぶりに出演

14年ぶりに“ほん怖”出演を果たす神木隆之介(C)フジテレビ
Messenger

 フジテレビ系の人気番組「ほんとにあった怖い話 -夏の特別編2018-」(8月18日後9・0)に今年も稲垣吾郎(44、元SMAP)が“ほん怖クラブリーダー”として出演することが24日、分かった。

 同作品の「見えない澱」には、若手俳優の神木隆之介(25)が、2004年1月放送の「深夜の鏡像」以来14年ぶりに出演することも決まった。

 神木の役は、不動産会社に勤める入社3年目の佐々木裕介。ある日、裕介の大学時代の同級生・井口真梨恵(内田理央)が訪ねてきて、駒田和哉(岡山天音)と一緒に住む物件を探してほしいという。和哉の条件に見合う物件がなかなか見つからず、和哉は裕介に事故物件の紹介を依頼する。その部屋は、以前クローゼットの中で男が首をつっていたのだ。数カ月後、真梨恵はやつれていて、和哉の様子にも異変を感じる…。

 神木は、作品について「確かに怖いが、背筋が凍るような怖さではなく、恐怖と現代社会の中にある小さな隙間を描いていて見終わったあと誰しもが考えさせられる話」と語る。連日の猛暑にもふれ「“ほん怖”を見て暑さを吹き飛ばしてもらえたらうれしい」と付け加えた。

 1999年にスタートした”ほん怖“は、オムニバス形式の実録心霊ドラマ。日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験をドラマで再現、恐怖VTRを見た稲垣をナビゲーターとした“ほん怖クラブ”のメンバーたちが、スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが定番となっている。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ