自立支援施設火災、11人死亡確認 「ぼーんという音、10回以上」

 タクシーの男性運転手は「入居者の60代とみられる男性から電話で呼ばれ、何度か近くの居酒屋まで乗せた。1人のときもあったし、数人で行くときもあった。昨夏送ったのが最後だったが、あの男性は大丈夫だろうか」と話していた。

 近所に住む男性会社員(54)は「ぼーんという大きな音が10回以上して、外を見ると火が上がっていた。近くのコンビニで高齢の入居者が買い物をしている姿をよく見掛けた」と心配そうだった。

 そばの駐車場を管理する会社の男性は「警備会社から連絡を受けて駆けつけた。客の車が数台ある。こんなことになるなんて…」と困惑した様子だった。

 現場は、札幌市営地下鉄南北線北18条駅の東約500メートルの住宅街。

 札幌市では平成22年3月、北区の認知症高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」が全焼し、入居していた65〜92歳の男女7人が死亡する火災があった。