自立支援施設火災、11人死亡確認 「ぼーんという音、10回以上」

自立支援施設火災、11人死亡確認 「ぼーんという音、10回以上」
自立支援施設火災、11人死亡確認 「ぼーんという音、10回以上」
その他の写真を見る (1/2枚)

 31日午後11時40分ごろ、札幌市東区北17条東1の生活困窮者の自立支援関連施設「そしあるハイム」から煙が出ていると通行人から札幌市消防本部に119番通報があった。北海道警などによると、同施設から入居者とみられる11人の遺体が見つかった。16人が入居していたとみられ、生存が確認された5人のうち3人が病院で治療を受けている。

 市消防本部などによると、施設は木造3階建て、延べ約400平方メートル。元旅館で、自立支援事業所である合同会社「なんもさサポート」が建物を借りて運営していたとみられる。

 生存者は80代の女性1人、50〜70代の男性4人の計5人。うち3人が気道熱傷や顔のやけどを負った。

 同社は、ホームレスの生活や自立支援を行うNPO法人「ホームレス支援北海道ネットワーク」の一つ。ホームページなどによると、生活保護を受けているホームレスらを、新たな入居先や就職先が見つかるまで一時的に受け入れていたとみられる。

 この日、職員2人が午後5時ごろに帰宅した後は入居者だけになっていたという。