木更津港に豪華客船寄港 千葉

 木更津港に18日、国内で2番目の規模を誇る豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」が寄港した。台風18号の影響で、当初予定していた歓迎式典やイベントは中止になったものの、全長183・4メートル、総トン数2万6594トンの雄大な姿に、訪れた見物客らは目を奪われた。

 木更津市によると、同港を活用した街の活性化に取り組む同市では大型外航クルーズ船の誘致を目指し、受け入れ体制の整備を進めている。ぱしふぃっくびいなすによる実証運航もその一環。市街なか交流推進課は「海外への売り込みなどを今後も続け、ぜひ大型外航クルーズ船誘致を実現させたい」とした。