産経ニュース

【検証・文革半世紀 第2部(1)】紅衛兵世代が今の中国を動かしている 「暴力信仰」なお 高級幹部の子弟は責任問われず横の連携で次々出世

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【検証・文革半世紀 第2部(1)】
紅衛兵世代が今の中国を動かしている 「暴力信仰」なお 高級幹部の子弟は責任問われず横の連携で次々出世

 「あのビンタ事件が中国の政治も私の運命も変えてしまった」

 5月初旬、北京市内のレストラン。50代で退職させられたという元重慶市幹部の男性がため息をついた。

 ビンタ事件とは2012年1月末、重慶市トップの中国共産党委書記だった薄煕来が、同市公安局長だった王立軍の横っ面に平手打ちを食らわせた出来事をさす。「(薄の妻が)英国人企業家の殺害事件に関わったかもしれない」。こう報告した王に、薄は部下らの面前で怒りをぶつけた。

 「このままでは殺されてしまう」。王は1週間後、四川省成都市の米国総領事館に駆け込んだ。それに伴い、薄一家の不正蓄財や英国人実業家殺害の詳細が次々と明るみに出て、薄の失脚につながった。

 当時の最高指導者、胡錦濤の周辺と確執があった薄の失脚。権力闘争との見方も出たが、王立軍の駆け込みがなければ、党最高指導部入りも有力視されていた薄を追い詰めるのは難しかったといわれる。

 薄の直属の部下だったため重慶市の職を追われ、昔の仲間とも縁遠くなったという冒頭の男性が言った。

 「薄氏は結局、紅衛兵から脱皮できなかった」

   

 共産党の長老、薄一波の次男である薄煕来は文化大革命(文革)が起きた1966年には高校生だった。全国が大混乱に陥るなか、薄は幹部子弟の仲間らと紅衛兵組織を立ち上げた。「命をかけて毛沢東思想を守る」との合言葉の下、教師をつるし上げ、知識人に三角帽子をかぶせ、街頭で引き回すといった“造反活動”に加わった。薄は軍用ベルトを振り回して人を殴るなど、特に乱暴だったと同級生が振り返る。

 翌年春、父親の一波が失脚した。薄は「親子の縁を切る」と宣言し、批判大会では壇上の父親に跳び蹴りをして肋骨(ろっこつ)を3本へし折ったという。文革後、親子は和解し、薄は復権した父親らの力を借りて出世したが、「暴力を信仰する紅衛兵的なやり方は最後まで変わらなかった」と証言する者もいる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 紅衛兵世代が今の中国を動かしている 「暴力信仰」なお 高級幹部の子弟は責任問われず横の連携で次々出世

関連ニュース

【検証・文革半世紀(6)】拡大する「十字架外し」 党員数越える信者に危機感

「ニュース」のランキング