PR

地方 地方

三郷流山橋有料道路を整備 35年度開通 埼玉県、渋滞緩和に期待

Messenger

 県は、三郷市と流山市を結ぶルートの慢性的な渋滞を解消するため、江戸川に架かる「三郷流山橋有料道路」の建設に乗り出す。県道路公社が事業主体として整備する。事業費は84億円。工事区間は三郷市前間から流山市三輪野山までの延長2キロで、平成35年度の開通を目指す。

 県は開会中の6月定例県議会に建設計画の同意を求める議案を提出しており、可決後に国に事業申請する。

 県が計画する三郷流山橋有料道路は、三郷市前間の県道三郷松伏線と流山市三輪野山の千葉県道松戸野田線バイパスを結ぶ。2車線で建設する予定だが、4車線化も検討する。通行料金は普通車150円、軽自動車100円、大型車250円で徴収期間は30年間を予定している。

 新たな有料道路を計画するのは、近くにある三郷市と流山市を結ぶ「流山橋」の慢性的な渋滞が背景にある。

 三郷市や流山市は都内にも近く、人口が増加し、物流施設も多く、交通量が増えている。三郷市内には「ららぽーと新三郷」など大型商業施設があり、週末の交通量も多い。

 三郷市都市デザイン課の担当者は「混雑時は橋を渡るのに30分以上かかることもある」と話す。このため、市には新たな橋梁(きょうりょう)建設を要望する声が多く寄せられていたという。

 県土整備政策課によると、有料道路が開通すれば、周辺の4つの橋から1日当たり約1万1千台の交通量が減少するとしている。新三郷市街地と流山市街地の移動時間も従来の30分から10分程度短縮される見通し。渋滞緩和で1日当たり約140万円、年間5億円以上の経済効果を見込む。

 これまで県道路公社が手がけた有料道路は、狭山環状と新見沼大橋、皆野寄居の3路線。今回の三郷流山橋が4路線目となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ