PR

ライフ ライフ

武漢からの帰国者受け入れ ホテル三日月に千葉・森田知事が感謝状

千葉県の森田健作知事
千葉県の森田健作知事

 千葉県の森田健作知事は24日、昨年1月に、新型コロナウイルス感染症の流行が世界で最初に確認された中国・武漢からの帰国者191人を健康観察のために受け入れた同県勝浦市の勝浦ホテル三日月に、感謝状を贈呈した。

 森田知事は「あの時の緊張感を覚えている。ホテル三日月さんが『私たちは同じ日本人じゃないか』と英断をしてくれた。勝浦市民の皆さんも温かく迎え入れて送り出してくれた。これは県民の誇りだ」と称賛。

 感謝状を受け取った同ホテルの岸川雅則支配人は、「有事のときだからこそ、人の役に立つ企業であり続けたい。おもてなしの心を持ったホテル運営を行って参ります」と応じた。

 同ホテルは昨年1月29日、武漢から羽田空港に到着した政府チャーター便の第1便に搭乗していた日本人206人のうち、症状はないが健康観察が必要とされた191人を受け入れた。2月13日までに全員が同ホテルを出たが、その間、飲食をはじめとした日常生活を支援。国や県、勝浦市も医療面などで対応した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ