PR

ニュース 経済

公開請求漏れ問題、麻生太郎氏「遺憾の極み」 金融庁職員を処分

Messenger

 麻生太郎財務相は7日の閣議後会見で、金融庁に情報公開請求した内容が開示決定前に野田聖子総務相に漏れていた問題で、問題に関わった金融庁職員を処分したことを明かした。

 麻生氏は事実関係を調査した結果、情報公開法に照らして不適切な対応が金融庁にあったことを認め、「甚だ遺憾の極みだ」と述べた。情報公開請求をしてきた朝日新聞の社名を野田氏に知らせることが「問題だった」と説明した。

 また、米ワシントンで9日から開かれる日本と米国との新しい通商協議(FFR)の初会合について、「日米が手を組んで、開かれたアジア太平洋、インド洋地域の発展に向けて貿易がきちんとできあがることが大事だ。その進展に期待をしている」とした。ただ、「(トランプ米政権は)11月の中間選挙を考えており、貿易や色々なものの予想が難しい。(交渉は)大変だと思う」と不安ものぞかせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ