1人用EV、積載量3倍に トヨタ車体、4月発売

トヨタ車体が4月に発売する、1人乗りの小型電気自動車「コムス」の新型=10日、愛知県豊田市
トヨタ車体が4月に発売する、1人乗りの小型電気自動車「コムス」の新型=10日、愛知県豊田市

トヨタ車体(愛知県刈谷市)は10日、1人乗りの小型電気自動車(EV)「コムス」の新型を報道陣に公開した。荷物の最大積載量を3倍に増やし、安全機能も向上させた。ニーズの多様化に対応。4月から全国のトヨタ系販売店で発売する。

コムスは宅配や営業、訪問介護など近距離移動向けで、2000年の発売から累計約1万1500台を販売。新型はこれまで30キロだった最大積載量を、90キロまで増やした。サイドブレーキを戻し忘れたまま誤発進するとブザーが鳴る機能も追加。顧客の要望で充電ケーブルの長さも延ばした。

荷台にペットボトル飲料90キロ分を積み走行する、1人乗りの小型電気自動車「コムス」の新型=10日、愛知県豊田市
荷台にペットボトル飲料90キロ分を積み走行する、1人乗りの小型電気自動車「コムス」の新型=10日、愛知県豊田市

十分に充電した状態で57キロの走行が可能。最高速度は時速60キロで色は7種類展開する。希望小売価格は79万9700円から。最大積載量90キロのタイプは94万500円。

トヨタ車体が4月に発売する、1人乗りの小型電気自動車「コムス」の新型=10日、愛知県豊田市
トヨタ車体が4月に発売する、1人乗りの小型電気自動車「コムス」の新型=10日、愛知県豊田市


会員限定記事会員サービス詳細