ハーブと暮らす

「洋風七草」で元気に

1月7日は七草。新しい年の無病息災を願いながら、朝、おかゆを召し上がったという方も多いのではないでしょうか。

七草は、いわば日本の和のハーブです。ですが、私が勤めるハーブ農場が売り出したのは複数のハーブと野菜を組み合わせた「洋風七草」。ハーブには胃腸によいものも多く、おかゆの具材にうってつけです。

今年はわが家も七草にハーブを取り入れてみました。整腸を助けるチャービルや、地中海沿岸地方に「あると家に死人は出ない」との格言が伝わるセージなどに、コレステロールの代謝を促す野菜を組み合わせてみました。

空腹の時間を設けて胃を休める健康法が流行中ですが、ごちそう三昧だった正月明けはとくに胃をいたわりたいものです。ごはんではなく、オートミールで作るのもよし、アサリやエビを加えて魚介のハーブリゾットに仕上げてもおいしいです。

ハーブの力を借りて、今年も元気に過ごしましょう。(ハーブコンシェルジュ 小早川愛)