知的障害の入所者に暴行疑い 元職員2人逮捕

岡山県津山市の障害児入所施設「津山ひかり学園ひかりの風」で、入所者の男子高校生(16)を虐待したとして、岡山県警は18日、暴行の疑いで、同施設で児童指導員だった西本政美容疑者(58)と、看護師、国司義彦容疑者(46)を再逮捕した。施設によると高校生は重度の知的障害があった。2人は15日付で懲戒解雇された。

西本容疑者の再逮捕容疑は6月28日午後5時すぎ、食事中の高校生の額を指ではじいたり、口にトイレットペーパーを入れたりしたとしている。国司容疑者は8月29日午前7時半ごろ、食事中に椅子に座った高校生の顔を平手で殴って転倒させたり、尻を蹴ったりしたとしている。

2人は9月25日、津山市の路上で施設の同僚をバットやゴルフクラブを振り上げながら脅迫し、翌26日に暴力行為法違反容疑で逮捕されていた。