千葉・鴨川、館山、御宿の海水浴場を閉鎖 緊急事態宣言で

海水浴場を開設している千葉県鴨川市、館山市、御宿町は30日、県に緊急事態宣言が発令されることを受け、発令にあわせて来月2日から海水浴場を閉鎖することを明らかにした。鴨川市は江見など4カ所、館山市は沖ノ島など4カ所の海水浴場を22日から、御宿町は岩和田など2カ所の海水浴場を17日から開設していた。

鴨川市では30日、宣言が発令されることに伴い、夏期観光安全対策本部会議を開き、海水浴場の閉鎖を決定した。閉鎖後も一定数の人が海水浴場を訪れる可能性があるため、ライフセーバーを継続して配置することなどを確認した。

県内では千葉市もいなげの浜で海開きをしている。同市は「対応を検討中」としている。