成田空港を出る東京五輪のウガンダ代表選手団=6月20日
成田空港を出る東京五輪のウガンダ代表選手団=6月20日

大阪府泉佐野市は4日、東京五輪に向けて市内で事前合宿しているウガンダ選手団のうち、6月19日に成田空港の検疫で新型コロナウイルスの陽性となり一時隔離され、今月1日に泉佐野市内の宿舎に入っていた男性が、3日に検体採取したPCR検査で再び陽性だったと発表した。症状はないという。

市は「無症状の陽性者が療養期間終了後、検査で再び陽性となってもほかに感染させるリスクは低く、新たな療養や行動制限は必要ない」としている。男性は今月1日に市内の宿舎に入った後、他の選手団メンバーとは別の階の個室に待機している。