産経フォト

米アクロバット飛行チーム、相次ぎ墜落、1人死亡   サンダーバーズとブルーエンジェルス

ニュース

米アクロバット飛行チーム、相次ぎ墜落、1人死亡   サンダーバーズとブルーエンジェルス

更新 sty1606030003
 墜落した米空軍サンダーバーズのF-16。パイロットのターナー少佐は脱出して無事だった(AP)  墜落した米空軍サンダーバーズのF-16。パイロットのターナー少佐は脱出して無事だった(AP)
 米コロラド州で行われた空軍士官学校の卒業式で、上空を飛行する空軍のサンダーバーズの編隊 (ロイター)
画像を拡大する
 米コロラド州で行われた空軍士官学校の卒業式で、上空を飛行する空軍のサンダーバーズの編隊 (ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 世界トップの曲技飛行チームとして知られる米空軍のサンダーバーズと、米海軍のブルーエンジェルスのアクロバット機が2日、相次いで墜落。空軍のパイロットは脱出し無事だったが、海兵隊のパイロット一人が死亡した。

 空軍のサンダーバーズはF-16による曲技飛行チームで、2日にコロラド州で行われた空軍士官学校の卒業式にあわせ、上空で曲技飛行を行った直後に墜落した。

 墜落した米空軍サンダーバーズのF-16。不時着したように原型をとどめている(ロイター)
画像を拡大する
 墜落した米空軍サンダーバーズのF-16。不時着したように原型をとどめている(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 米テレビCNN(電子版)などによると、パイロットのアレックス・ターナー少佐は墜落前に異常を察知し、脚を下ろし着陸体勢に入っており、高速道路などの不時着場所を探したものの適した場所がなかったため、パラシュートで脱出したという。

 空軍士官学校の卒業式は恒例の「帽子投げ」でも知られており、オバマ大統領も出席していた。事故後に空軍基地を訪問したオバマ氏はターナー少佐に面会し、日頃の任務に対する謝辞を述べたという。

 墜落して黒煙をあげる米海軍ブルーエンジェルス F/A-18(AP)
画像を拡大する
 墜落して黒煙をあげる米海軍ブルーエンジェルス F/A-18(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 一方、海軍の曲技飛行チーム、ブルーエンジェルスのF/A-18は、テネシー州の町スマーナ近郊に墜落。直後に爆発の黒煙が立ちのぼった。同チームは同州のスマーナ空港で4、5日に開催予定の「グレート・テネシー・エアショー」で曲技飛行を披露するため、同空港に展開して飛行訓練を行っていた。事故は訓練のため離陸した直後に発生したという。同海軍などによると、墜落したのはジェフ・クス海兵隊大尉の機体。

 サンダーバーズは1953年6月に発足。米国全域のほか友好国にも遠征して軍のPRのための曲技飛行を実施しており、日本にも数度訪れている。

 ブルーエンジェルスは1946年4月に発足。4機が菱形に密集して飛行する「ダイヤモンド編隊」の元祖としてしられるほか、多くの曲技飛行演目を開発している。

 ブルーエンジェルスのジェフ・クス大尉=5月19日撮影(AP)
画像を拡大する
 ブルーエンジェルスのジェフ・クス大尉=5月19日撮影(AP)フルスクリーンで見る 閉じる
 ブルーエンジェルス、ジェフ・クス大尉のF/A-18=5月19日撮影(AP)
画像を拡大する
 ブルーエンジェルス、ジェフ・クス大尉のF/A-18=5月19日撮影(AP)フルスクリーンで見る 閉じる
 墜落した米空軍サンダーバーズのF-16(AP)
画像を拡大する
 墜落した米空軍サンダーバーズのF-16(AP)フルスクリーンで見る 閉じる
 コロラド州のピーターソン空軍基地に駐機するサンダーバーズのF-16(AP)
画像を拡大する
 コロラド州のピーターソン空軍基地に駐機するサンダーバーズのF-16(AP)フルスクリーンで見る 閉じる
 墜落して機首が破損したサンダーバーズのF-16(AP)
画像を拡大する
 墜落して機首が破損したサンダーバーズのF-16(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング