産経ニュース

【今週の注目会見】「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【今週の注目会見】
「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…

民進党に離党届を提出し記者会見する長島昭久元防衛副大臣=4月10日、東京・永田町の衆院第1議員会館(斎藤良雄撮影) 民進党に離党届を提出し記者会見する長島昭久元防衛副大臣=4月10日、東京・永田町の衆院第1議員会館(斎藤良雄撮影)

 長島昭久衆院議員が10日、国会内で記者会見を開き、民進党からの離党を表明した。会見の冒頭、「独立宣言-真の保守をめざして」と題した声明文を読み上げた。会見の詳報は次の通り。

(※4月10日にアップされた記事を再掲載しています))

     ◇ 

 私、長島昭久。本日、ここに一人の政治家として「独立」を宣言いたします。つい今しがた、野田佳彦幹事長に離党届を提出してまいりました。

 このたび私が民進党を離れる決意をした最大の理由は、保守政治家として譲れない一線を示す、この1点であります。

 共産党との選挙共闘という党方針は、私にとり受け入れ難いものです。一昨年の「安保法制廃案」の熱狂の中で、突然打ち出された共闘路線は、まともな党内論議もないまま共産党主導で進められ、最近では民進党の基本政策にまで共産党が影響を及ぼすかのような場面が目立つようになりました。

 消費税しかり、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)しかり、エネルギー政策しかり、憲法改正問題しかり、そしていま、審議入りもできない状況で紛糾しているテロ等準備罪法案(組織的犯罪処罰法改正案)しかりであります。

 なお、誤解のないように申し上げておくが、個々の共産党議員は、みな優秀で正義感にあふれ、真剣に議会活動に取り組んでおられます。そのことは十分承知しています。政策の方向性は異なれど、その質疑内容には常々敬服してまいりました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…
  • 「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…
  • 「安倍晋三政権の暴走をいかに食い止めるかが国民の望みではないか」との質問に、民進党を離党した長島昭久氏の答えは…

「ニュース」のランキング