産経ニュース

【科学】生命の種は宇宙を浮遊?「たんぽぽ計画」始動 空間漂う微生物の捕集目指す

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【科学】
生命の種は宇宙を浮遊?「たんぽぽ計画」始動 空間漂う微生物の捕集目指す

 タンポポの種が綿毛で運ばれるように、生命は宇宙を浮遊しているのではないか。この仮説を確かめる日本の「たんぽぽ計画」が5月下旬に動き出した。宇宙に漂う微生物や有機物を国際宇宙ステーション(ISS)で探したり、生物が宇宙空間で生きられるかを調べたりする。生命の起源の解明に迫れるか注目されそうだ。(黒田悠希)

「天体間を移動」

 生命は約46億年前の地球誕生から数億年後に出現したとされるが、どのように生まれたのかは諸説ある。広く支持されているのは、材料となる有機物が大気や海水中で無機物から合成され、原始の海に蓄積したとする「化学進化説」だ。しかし、生命ができる確率はごく低いとの反論もあり、決着していない。

 近年、再び注目されているのは、生命の「種」が宇宙を漂い、天体の間を移動するという「パンスペルミア仮説」だ。約100年前、スウェーデンの科学者スバンテ・アレニウスが提唱した。

 隕石(いんせき)にはアミノ酸が含まれており、地球の生命が他の太陽系天体から届いたとの考え方も、あながち荒唐無稽ではないことが分かってきた。だが、この仮説も現状では臆測の域を出ない。宇宙空間に微生物や有機物が本当に漂っているのか。その証拠を探そうというのが、たんぽぽ計画だ。研究グループの山岸明彦東京薬科大教授(極限環境生物学)は「生物学最大の難問への挑戦だ」と意気込む。

「ライフ」のランキング