産経ニュース

【東芝危機】半導体売却、アップルがWDによる将来の経営権取得に懸念 最終協議に影響も

ニュース 経済

記事詳細

更新

【東芝危機】
半導体売却、アップルがWDによる将来の経営権取得に懸念 最終協議に影響も

 東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、主要顧客であるIT大手の米アップルが米ウエスタンデジタル(WD)による将来の経営権取得に懸念を示している。取引方針が変わり、記憶用半導体「フラッシュメモリー」の安定調達に支障が出ることを警戒するからだ。WDが加わる「日米連合」と東芝の条件闘争や売却先決定の判断に影響する可能性がある。

 関係者によると、アップルはWDが将来取得する東芝メモリの議決権について16%弱であれば容認するが、経営の主導権を握ればWDにメモリーを発注しない可能性があると伝えたもようだ。また、WDが東芝と協業する三重県四日市市の工場で生産するメモリーの供給割合を増やすよう求めていることにも難色を示しているようだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング