PR

ニュース 国際

バイデン米大統領「決断をたたえる」 イスラエル、ハマス停戦

 【ワシントン=大内清】バイデン米大統領は20日、イスラエルのネタニヤフ首相との電話会談で、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理組織ハマスとの停戦同意を伝えられたとし、「対立を終わらせる決断をたたえた」と述べた。ガザへの人道支援を急ぐ考えも表明した。

 電話会談後に行ったテレビ演説で語った。またバイデン氏は同日、調停役を担ったエジプトのシーシー大統領とも電話会談。エジプト側からは、ハマスも停戦に同意したことを伝えられたという。

 バイデン氏はネタニヤフ氏に、ハマスなどの武装勢力からの攻撃に対するイスラエルの「自衛の権利」への支持を改めて強調したという。

 バイデン氏は今月上旬に一連の衝突が発生した後、ネタニヤフ氏やパレスチナ自治政府トップのアッバス議長らと電話を重ね、緊張緩和に向けた働きかけを行っていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ