PR

ニュース 国際

ワクチン接種遅れる日本 途上国レベル、OECDで最低

 【ロンドン=板東和正】日本での新型コロナウイルスワクチン接種の遅れが目立っている。英統計専門サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、18日時点で少なくとも1回接種を受けた人の割合は3・9%で、世界平均の9・2%に及ばない。経済協力開発機構(OECD)加盟37カ国中でも最低水準だ。

 日本の接種率はイスラエル(62・8%)や英国(54・2%)、米国(47・3%)から大きく引き離され、インド(10・4%)やインドネシア(5・1%)といった新興国にも後れをとっている。世界では110位前後に位置し、ミャンマーやマレーシア、ナミビアなどアジアやアフリカの途上国とほぼ同水準だ。

 接種回数でも、世界では同日時点で約15億回に達したが、日本は約700万回にとどまる。

 コロナ感染が世界的に拡大した昨年、日本は欧米などに比べて感染者数や死者数を抑え、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が「対策を成功させている」と指摘するなど高い評価を得た。しかし、ここにきて国内感染者数が増えているにもかかわらず、日本では米ファイザー製のワクチンしか使われていないことが問題視されてきた。

 英紙ガーディアンは、日本以外の先進7カ国(G7)は既に複数のワクチンを承認しているとし、「東京での五輪開催にも疑問が生じている」と指摘した。

 注射を担う医師らの不足や電話予約殺到による混乱についても、英感染症専門家は「日本は準備を十分にしてこなかったように映る」と述べた。「従来のルールにとらわれ、柔軟に対応していない」(英医療関係者)との見方もある。接種で先行する英国ではワクチン接種に携わる人員確保のため、昨年11月から医療資格のないボランティアを募集し、注射させている。

 当初の感染抑止に成功した台湾やニュージーランドでも接種が円滑に進んでいない現実がある。台湾は各メーカーと購入契約を結んだがワクチン不足で供給も遅れ、接種率は1%未満。ニュージーランドも出遅れ、6%程度となっている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ