PR

ニュース 国際

中国政府が台湾にワクチン支援の構え 蔡英文政権に揺さぶりか

 【深●(=土へんに川)=三塚聖平】中国国営新華社通信は17日夜、中国で対台湾政策を主管する国務院(政府)台湾事務弁公室の朱鳳蓮(しゅ・ほうれん)報道官が同日、新型コロナウイルスの感染が急拡大している台湾に対し、「最大限の努力を尽くして、台湾の同胞ができるだけ早くコロナ禍に打ち勝つよう援助したい」と表明したと伝えた。

 朱氏は、中国製ワクチンについて「広範な台湾の同胞が使用を切望している」と強調。台湾側にワクチンを提供する用意があるとの構えを見せた。

 一方で「当面の急務は、人為的な政治的障害を排除することだ」とも主張した。中国が「台湾独立」派とみなす民主進歩党の蔡英文政権に対し、歩み寄りの姿勢を見せなければワクチン支援を行わないと迫った形だ。突然の感染拡大に台湾で衝撃が広がる中、蔡政権に揺さぶりをかける狙いがあるとみられる。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ