PR

ニュース 国際

インド首都外出禁止、1カ月超 変異株猛威で1週間延長

 新型コロナウイルスで亡くなった息子の遺体を見て泣く女性=12日、インド・ニューデリー(ロイター)
 新型コロナウイルスで亡くなった息子の遺体を見て泣く女性=12日、インド・ニューデリー(ロイター)

 インドの首都ニューデリーを含むデリー首都圏政府は16日、新型コロナウイルス対策の外出禁止令を1週間延長し24日早朝までとすると明らかにした。4月19日から継続しており、1カ月を超えることになる。

 インドは新型コロナの変異株が猛威を振るっており、中央政府が16日発表した1日当たりの感染確認は約31万1千人で、4月22日から30万人以上の日が続いている。累計感染者は約2468万4千人。1日当たりの死者は4千人を超え、累計では27万人を超えた。

 首都圏では4月20日に1日の感染確認が2万8千人を超えたが、今月15日には6430人まで減少した。デリー首都圏政府のケジリワル首相は「達成したものを失いたくはない」と述べ、外出禁止の延長で状況がさらに改善することに期待感を示した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ