PR

ニュース 国際

アルジャジーラ入居のビル空爆 イスラエル軍

イスラエル軍による15日の空爆で黒煙をあげ倒壊するアルジャジーラなどが入居する高層ビル(いずれもロイター)
イスラエル軍による15日の空爆で黒煙をあげ倒壊するアルジャジーラなどが入居する高層ビル(いずれもロイター)

 【カイロ=佐藤貴生】イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの軍事衝突が続くパレスチナ自治区ガザで、イスラエル軍は15日、AP通信やカタールの衛星テレビ局アルジャジーラが入居する高層ビルを空爆し、ビルが倒壊した。AP通信によると、イスラエル軍は退避命令を出して1時間後に空爆した。空爆した理由は不明としている。ガザでは同日、別の空爆でパレスチナ人10人が死亡した。

 衝突は14日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区に拡大。ヘブロンなどでパレスチナ人とイスラエル治安部隊の衝突が相次ぎ、少なくともパレスチナ人11人が死亡した。15日は、1948年のイスラエル建国に伴い70万人以上のパレスチナ人が難民となった「ナクバ(大惨事)」の日で、衝突の激化が懸念されている。

 イスラエル軍は境界付近からガザを砲撃し、地上侵攻の構えをみせている。空爆によりハマスがガザ北部などに設けた地下トンネルや幹部宅を爆撃した。一方、ハマスが発射したイスラエルへのロケット弾は総計で2千発を超えた。

 現地からの報道によると、ガザでは少なくとも139人が、イスラエル側でも9人が死亡した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ