PR

ニュース 国際

台湾海峡、抑止強化に決意 米高官、日本と協力期待

 米ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)でアジア政策を統括するキャンベル・インド太平洋調整官は4日、台湾海峡の安定に向けた抑止力強化に「決意」を示した上で、日本との協力拡大に期待感を示した。英紙フィナンシャル・タイムズのオンラインイベントで語った。

 キャンベル氏は台湾問題で「日本とともにさまざまな努力を重ね、水面下で適切な措置を講じていくだろう」と表明。こうした取り組みが、台湾だけでなく中国に対し「抑止力を強化するというわれわれの決意、台湾の平和というわれわれの願いを伝えるメッセージとなる」と述べた。

 日本の台湾海峡に関する立場については「平和と安定を維持する重要性を理解しており、挑発的な行動は取りたくないと考えている。だが現状維持を明確に支持している」と説明した。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ