PR

ニュース 国際

独露のガス管、反対伝達 米国務長官、外相に

ドイツのマース外相(AP)
ドイツのマース外相(AP)

 ブリンケン米国務長官は4日、訪問先のロンドンでドイツのマース外相と会談し、ロシア産天然ガスをドイツに送る海底パイプライン「ノルドストリーム2」建設に米政権として強く反対すると改めて伝達した。国務省が発表した。

 会談ではロシアや中国、イラン、アフガニスタンへの対応のほか、ロシアが圧力を強めるウクライナに対する支援について協議。ブリンケン氏は会談後、ツイッターで「ドイツは共通の課題に立ち向かう不可欠のパートナーだ」と強調した。海底パイプライン建設をめぐりブリンケン氏は3月にもマース氏との会談で反対する考えを伝え、関与したドイツ企業などが「米国の制裁を受ける恐れがある」と直接警告していた。

 ブリンケン氏はルドリアン仏外相、欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表とも個別に会談した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ