PR

ニュース 国際

北朝鮮が米大統領演説を非難 「大きなミス犯した」

北朝鮮のクォン・ジョングン氏(共同)
北朝鮮のクォン・ジョングン氏(共同)

 【ソウル=時吉達也】北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国担当局長は2日、先月28日にバイデン米大統領が行った施政方針演説を非難する談話を発表した。北朝鮮に対する「旧態依然の敵視政策」が明らかになったと強調し、バイデン氏が「極めて大きなミスを犯した」と批判した。朝鮮中央通信が報じた。

 バイデン大統領は施政方針演説で、北朝鮮の核問題に対し「同盟国と協力し、外交と抑止力により対処していく」と述べた。談話は「米国が主張する『抑止』はわれわれを核によって威嚇する手段に過ぎない」と主張。「米国の新たな(北)朝鮮政策の根幹が鮮明になった以上、相応の措置を講じざるを得ない」と訴え、米国は「時間がたつほど深刻な状況に直面する」と警告した。

 また、北朝鮮外務省報道官は2日、北朝鮮の人権問題について「金正恩(キム・ジョンウン)体制に説明責任を促す」と述べた米国務省報道官声明に対し「われわれの最高尊厳を冒涜(ぼうとく)した」と非難する談話を発表。米側が「全面対決を準備しているという明確な信号」であるとし、対抗措置を取ることを示唆した。

 米国務省のプライス報道官は4月28日、市民団体などが北朝鮮の人権問題を扱う「北朝鮮自由週間」に合わせて声明を発表し、北朝鮮を「世界で最も抑圧的な独裁国家のひとつ」などと指摘していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ