PR

ニュース 国際

ビンラーディン容疑者殺害10年 世界に拡散した過激派の脅威は消えず

 「イスラム世界の防衛」のため対米テロを呼びかけたビンラーディン容疑者のアルカーイダと、「イスラム教の守護者」を掲げて中東で疑似国家建設を進めたIS。イスラム過激派に詳しいエジプトの政治評論家、ユスリ・アベイド氏(40)は両者の間で「過激派戦略は本質的に変わった」と指摘した。

 ただ、アルカーイダに続いて台頭したISも米軍などの掃討作戦で2019年に中東の支配地域を完全に失い、退潮が続く。一方で、昨年にはイスラム教の預言者ムハンマドの風刺の問題をめぐり、過激化したイスラム教徒の若者が欧州で凶行に走る「ローンウルフ」(一匹おおかみ)型のテロが相次いだ。

 組織から個人へと形態が変わる中、イスラム過激派によるテロの封じ込めは新たな課題に直面している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ