PR

ニュース 国際

フランス、4段階で封鎖緩和 6月末までの解除目指す

フランスのマクロン大統領(ロイター)
フランスのマクロン大統領(ロイター)

 【パリ=三井美奈】フランスのマクロン大統領は29日、新型コロナウイルス対策で実施中の都市封鎖を6月末までに、4段階で解除する計画を示した。仏各紙とのインタビューで明らかにした。

 計画によると、現在は「自宅から10キロ圏内」としている外出制限を5月3日に廃止。5月19日には飲食店の屋外席営業、美術館や映画館の再開を認める。6月9日には飲食店の室内営業を解禁。現在行っている午後7時以降の夜間外出禁止措置については5月から段階的に短縮し、6月30日に解除するとしている。

 フランスは29日も、1日当たり新規感染者が約2万6千人の高水準にある。政府は成人のワクチン接種率が25%を超えたことで、感染抑制を見込んで経済再開に動きだしたとみられる。

 パリでは、昨年10月から飲食店営業が禁止されている。政府は11月には飲食店を1月に再開する計画を示したが、感染拡大で断念していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ