PR

ニュース 国際

バイデン米大統領の施政方針演説要旨 「インド太平洋で軍事力維持」

■銃規制、人種問題

 白人至上主義はテロだ。

 この国の魂を癒やすために力を合わせていきたい。(中西部ミネアポリスで)黒人の首がひざで押さえつけられるような事態をこれまでも見てきた。警察組織と市民の間の信頼を取り戻すとともに、構造的な差別をなくすため力を合わせていきたい。(ミネアポリスで黒人男性が)亡くなってから1年になる来月までにそれを達成したい。

 体系的な人種差別を根絶する。黒人、白人、中南米系、アジア系、先住民ら多くの米国人の生活にとりチャンスになる。上院が憎悪犯罪対策法案を通過させたことに感謝する。

 私は銃による暴力から国民を守るため全力を尽くす。議会も行動を起こすときだ。民主党だけでなく上院の共和党議員の協力も得て、銃の購入者に対する調査の抜け穴を塞ごうとしている。これは民主党か共和党かという問題ではなく、米国の問題だ。

■民主主義が勝利

 民主主義は試されている。米国が責任を果たすとき、現代の中心的な挑戦に民主主義が力強さを示すことができる。専制主義が未来を勝ち取ることはない。勝利するのは米国だ。未来は米国にある。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ