PR

ニュース 国際

ASEAN合意「慎重に検討」 ミャンマー国軍、即座に実行明言せず

27日、ミャンマー・ヤンゴンで、国軍に抗議し横断幕を掲げながらデモ行進する市民ら(AP=共同)
27日、ミャンマー・ヤンゴンで、国軍に抗議し横断幕を掲げながらデモ行進する市民ら(AP=共同)

 【シンガポール=森浩】ミャンマー国軍が設置した最高意思決定機関「国家統治評議会」は27日付の国営紙で、東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議で合意された暴力即時停止などの項目について、「国内の状況が安定したときに慎重に検討する」とする声明を発表した。合意の早期実行に慎重な姿勢を示した形だ。

 24日にインドネシアの首都ジャカルタで行われた首脳会議には、国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官も出席し、暴力の即時停止やミャンマー国内の当事者間の対話を促す特使の派遣などが合意された。国家統治評議会は発表した声明で国内情勢について、「法と秩序の維持、平和の回復が優先課題」と強調。ASEANの合意に関し、「国益にかなうならば前向きに検討する」と指摘した。市民への暴力停止や特使受け入れの時期には具体的に言及しなかった。

 国軍はデモ隊への弾圧を強める一方、クーデターに反発する少数民族武装勢力と戦闘を続けている。地元メディアによると、27日早朝には国軍と東部カイン州のカレン民族同盟(KNU)が衝突。KNUが国軍の前線拠点を占領した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ