PR

ニュース 国際

中国、「ノマドランド」のアカデミー賞受賞を速報せず ジャオ監督の中国批判発言が影響か

 第93回米アカデミー賞で、作品賞を受賞した「ノマドランド」のクロエ・ジャオ監督=25日、米ロサンゼルス(ロイター=共同)
 第93回米アカデミー賞で、作品賞を受賞した「ノマドランド」のクロエ・ジャオ監督=25日、米ロサンゼルス(ロイター=共同)

 【北京=三塚聖平】米アカデミー賞で、作品賞は「ノマドランド」、監督賞は同作を手掛けた中国出身のクロエ・ジャオ監督が選ばれた。アジア人女性の受賞は史上初という偉業を達成したが、中国の主要メディアは受賞を速報しなかった。ジャオ氏が、過去に行った中国に関する批判的な発言が影響しているとみられる。

 香港メディアによると、ジャオ氏は2013年に海外雑誌のインタビューで「私が若かったとき、中国での生活は嘘であふれていた」と発言していた。2月末に米映画賞「ゴールデン・グローブ賞」の作品賞と監督賞を受賞した後、この発言がインターネット上で問題視され「中国を侮辱した」などと非難を受けた。

 ノマドランドは、中国でも4月23日に公開される予定だったが、現在も上映されていない。事実上の上映中止措置という見方が出ている。

 中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は26日の記者会見で、ジャオ氏の受賞について質問されたが「外交問題ではない」と回答を避けた。

 中国版ツイッター「微博」で、ノマドランドの中国語タイトル「無依之地」のハッシュタグ(検索目印)を検索すると、「関連する法律や法規、政策により表示されない」との文字が出て投稿を閲覧できない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ