PR

ニュース 国際

ミャンマーに代表団派遣へ ASEAN首脳会議

24日、インドネシアの首都ジャカルタで開かれたASEAN臨時首脳会議(インドネシア政府提供、共同)
24日、インドネシアの首都ジャカルタで開かれたASEAN臨時首脳会議(インドネシア政府提供、共同)

 【シンガポール=森浩】東南アジア諸国連合(ASEAN)は24日、インドネシアの首都ジャカルタで、ミャンマー問題を議論する特別首脳会議を開催した。首脳会議にはクーデター後初の海外訪問となるミャンマー国軍のミン・アウン・フライン総司令官も出席。加盟国はミャンマー国内の対話を促すことを目的としたASEAN代表団の派遣を提案し、総司令官は受け入れる意向を示したという。

 会議は域内の盟主を自任するインドネシアのジョコ大統領が呼びかけた。総司令官は会議出席を通じて国際社会から正統な政府としての承認を得たい狙いがあった。

 会議ではシンガポールやマレーシアが総司令官に対して暴力行為の停止を要求。事態の平和的な解決に向けてミャンマー国内での国軍と民主派の対話を促した。会議後に取材に応じたシンガポールのリー・シェンロン首相によると、総司令官は代表団受け入れに反対しなかったという。

 ASEANはミャンマー情勢に懸念は表明しつつも、内政不干渉の原則が足かせとなり、事態の打開に向けて存在感を発揮できていない。3月には、ミャンマー情勢を話し合う特別外相会議を開き、議長声明で「すべての当事者に暴力の自制を求める」と呼びかけたが、国軍を名指ししての強い批判は避けた。

 ジョコ氏らはASEANが主導して事態を打開したい考えだが、首脳会議にはタイ、フィリピン、ラオスの首脳が出席を見送り、それぞれ外相を派遣するなど、各国首脳には温度差が存在する。インドネシアとシンガポール、マレーシアは国軍の弾圧を厳しく非難。一方、強権体制のタイやカンボジア、社会主義国のベトナムはこの問題での深入りを避けている。

 ミャンマーの地元人権団体によると、国軍の弾圧による市民の累計犠牲者は23日時点で745人となり、混迷収束の兆しは見えていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ