PR

ニュース 国際

新型コロナ1週間当たりの感染者数過去最多に WHO集計

WHOのテドロス事務局長(WHO提供、ロイター)
WHOのテドロス事務局長(WHO提供、ロイター)

 【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO、本部・ジュネーブ)は19日、新型コロナウイルスの世界全体の1週間当たりの新規感染者数が過去最多の520万人超となったと発表した。東南アジアや南北米大陸などで感染が拡大しており、世界の週間感染者数は2月下旬から8週連続で増加している。

 WHOの集計によると、今月12日からの1週間に報告された新規感染者数は世界全体で約523万人と前週比で約14・16%増。これまでは、1月4日からの1週間に記録した約504万人が過去最多だった。

 管轄地域別では、東南アジアの週間感染者数は3月中旬から5週連続で増加。今月12日からの1週間に報告された新規感染者数は前週比約57・28%増で150万人を上回った。南北米大陸の週間感染者数もこれに匹敵する水準にまで上昇している。

 インドでは感染力の高い変異株が3月中旬から急拡大し、連日のように過去最多を更新。19日には1日当たり27万人の新規感染者が確認され、累計感染者は1500万人を超えた。ブラジルでも変異株の感染が拡大している。

 WHOのテドロス事務局長は19日の記者会見で「変異株や、若い世代で社会活動が活発になっていることが(感染者数増加の)原因とみられる」との見解を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ