PR

ニュース 国際

ミャンマー問題で24日にASEAN首脳会議 国軍総司令官も出席へ

ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍総司令官(ロイター)
ミャンマーのミン・アウン・フライン国軍総司令官(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【シンガポール=森浩】タイ外務省は17日、国内の混乱が続くミャンマー情勢を協議する東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議が24日に開催されると明らかにした。クーデターを起こした国軍のミン・アウン・フライン総司令官も出席する見通し。ASEANには域内主導で問題解決の道筋を付けたい意向があるが、内政不干渉の原則もあり、実効性のある対応を打ち出せるか不透明だ。

 首脳会議はインドネシアの首都ジャカルタで、対面形式で行われる予定。タイ外務省によると、一部の首脳は参加への意志を明確にしていないという。首脳会議は、インドネシアやシンガポールが実施を呼びかけており、タイは当初は消極的だったが容認に転じた。

 ASEANは3月、ミャンマー情勢について話し合う特別外相会議を開いたが、議長声明では「すべての当事者に暴力の自制を求める」と呼びかけつつも、国軍を名指ししての強い批判は避けた。事態の沈静化に向け、ASEANは存在感を発揮できていない。一部加盟国からは関与強化を求める声が上がっていた。

 首脳会議にミャンマーの総司令官が出席すれば、クーデター後に外国の首脳と対面で会談するのは初めてとなる。一方で、ミャンマーの民主派が組織したミャンマー連邦議会代表委員会(CRPH)は総司令官を国の代表と認めておらず、出席に反発している。

 CRPHは16日、拘束中のアウン・サン・スー・チー氏を事実上のトップとする「統一政府」の樹立を宣言。少数民族にも協力を呼び掛け、国軍への対決姿勢を鮮明にしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ