PR

ニュース 国際

デンマーク、英製接種中止 血栓問題

英製薬会社アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナワクチン(同社提供)
英製薬会社アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナワクチン(同社提供)

 デンマークの保健当局は14日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンを接種後、血栓などの重症例が報告された問題を受け、アストラ社製の使用中止を決めたと明らかにした。英メディアが伝えた。使用打ち切りでデンマークのワクチン接種展開が少なくとも数週間遅れるとみられている。

 当局は声明で「アストラ社製を抜きにワクチン接種を継続することに決めた」と発表した。当局は血栓事例を受け、3月中旬に予防措置としていち早く接種中断を表明。他の欧州主要国も同調したが、同月18日に欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)が安全との見解を示したことで、対象年齢を制限するなどして使用を再開する動きが広がった。

 デンマーク側は、使用を認める根拠が「不明確過ぎる」として中断措置を延長していた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ