PR

ニュース 国際

【ソウルからヨボセヨ】反中感情とキムチ受難

「中国で大量に白菜を漬ける方法」と題して中国や韓国で広く出回った映像=動画投稿サイト、ユーチューブに投稿された動画から
「中国で大量に白菜を漬ける方法」と題して中国や韓国で広く出回った映像=動画投稿サイト、ユーチューブに投稿された動画から

 韓国の街の食堂で出されるキムチを口にしようとしない人が増えている。地面を掘ったプールで大量の白菜を漬ける中国発の動画が最近、インターネット上で出回ったのが原因だ。

 濁ったプールには上半身裸の中年男性がつかり、さびた重機で白菜を運ぶなど、いかにも不衛生な印象。当局が「韓国には輸入されていない」と打ち消しても中国産キムチを忌避する現象は広まったままだ。

 キムチを中国のものとする中国紙の報道で中国産キムチへの反感が強まっていた事情もある。中国式漬物の「泡菜(パオツァイ)」が昨年、国際標準規格の一つに登録されたが、中国ではキムチを泡菜と訳すことから、あたかも泡菜がキムチの国際基準となり、韓国が「キムチ宗主国」の座から転落したかのように報じられたのだ。

 韓国の食堂では、当たり前のようにキムチが無料で出される。食べ残しキムチの使いまわしが過去に問題になったこともあり、客が食べ残したキムチが毎日、大量に廃棄される。このため、多くの食堂は、韓国産より安価な中国産輸入キムチに依存せざるを得ない。

 キムチといった韓国文化を中国起源とみなす中国のネットの昨今の風潮に、韓国で反中感情が高まっている。だが、まずは自国の食文化に敬意を払い、食べ残しを減らす努力からすべきではないか。(桜井紀雄)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ